子どもオンライン英会話と英会話教室の比較

こんな人におすすめ!

6分
で読み終えることができます

小学校での英語必修化に伴い、子どもに英会話を習わせる家庭が増加傾向にあります。また、コロナ禍によりオンライン英会話という選択肢も主流になりつつあり、オンラインか通学型のどちらにしようか迷われている方も少なくありません。今回は、オンライン英会話と、通学型の英会話教室の違いを徹底解説していきます。子どもに英会話を習わせたいけれどどちらに入会しようか迷っている方は、参考にしてください。

料金の違い

オンライン英会話は英会話教室に比べて割安

オンライン英会話の最大のメリットは、安価な授業料です。オンライン英会話は毎日1回(約25分程度)のレッスンが受けられる月額定額制のプランが主流で、平均的な月謝は6000円から8000円となっています。1回のマンツーマンレッスン(40〜50分)でオンラインレッスンの月額の費用と同等の金額がかかる英会話教室に比べると、かなり安い料金設定になっていることが分かります。また、生徒は主に自宅で受講するため、教室の管理費が一切かからないのに加え、ほとんどのスクールが月謝制を導入しているため、退会する際の手続きがスムーズであることもオンライン英会話スクールの特徴です。

英会話教室は交通費や高い月謝がかかる

通学型の英会話スクールは、平均的に40分から50分の1レッスン3000円から6000円ほどかかります。マンツーマンのレッスンになると、レッスン費用が1レッスン(約80分)につき約1万5000円ほどかかる場合もあります。グループレッスンの単価と比較すると、マンツーマン+40分のレッスン当たり7500円となり、費用が高くなっていることが分かります。また、入学金やスクール管理費、教材費も追加でかかるため、オンライン英会話に比べると費用がかかります。グループレッスン、少人数レッスン、マンツーマンレッスンのどれを選択するのかによって授業料はかなり変動しますので子どもの適性やニーズの他、予算も考慮に入れることをおすすめします。

レッスンの形式の違い

オンライン英会話は基本マンツーマン

オンライン英会話のレッスンは基本マンツーマンです。講師と一対一で英会話の練習をするため、グループレッスンに比べて話す量が多いのが特徴です。最近ではグループレッスンを導入したオンライン英会話スクールも増えてきてはいますが、子ども向けのオンライン英会話ではまだあまり採用されていません。また、会ったこともない講師とのパソコンを介した一対一での授業になるため、子どもが知らない人と話すことができるのかどうか適性を見ることが大切です。

英会話教室はグループレッスンかマンツーマンか選択可能

通学型の英会話教室では、料金は異なりますがグループレッスンかマンツーマンレッスンかを選択することができます。グループレッスンでは、クラスメートと一緒にレッスンを受けることで英語力の他にコミュニケーション能力や協調性を育むことができます。一緒に学ぶ仲間がいることでそれが刺激やモチベーションにも繋がります。また、料金は高めですが、講師との一対一のコースを選択することも可能です。講師に子どもの得意不得意を把握してもらえ、子どものペースで学習を進めることができます。

講師の選択可否の違い

オンライン英会話ではその都度自分で講師を選べる

オンライン英会話では、講師が選択制であるスクールがほとんどです。子どものお気に入りの先生の授業を毎回受講するのも良いですし、毎回違う講師の授業を試すことができるのもオンライン英会話のメリットです。世界中の講師からレッスンを受けることが可能で、色々な講師と話すことによって、子どものコミュニケーション能力を養うこともできます。しかし、人気の高い講師は予約するのが難しく、子どもの講師の希望に沿えない場合もあります。

英会話教室では担当制である場合が多い

通学型の英会話教室では担当制であることが多く、毎週先生が変わることはありません。そのため、先生は子どもの性格をよくわかっていますし、得意不得意も把握しています。そのため、人見知りな子どもでも先生との信頼関係に気づきやすい環境です。

講師の国籍の違い

オンライン英会話と通学型英会話スクールには、講師の国籍に大きな違いが見られます。オンライン英会話では、講師の出身国は様々で、色々なバックグラウンドを持った講師陣から自分の好きな講師を選択することができます。日本人の講師も選択可能で、わからないことがあった際に日本語で質問や学習法についての質問を日本語ですることができるという点でバイリンガルの日本人講師の人気が上がっています。通学型の英会話スクールでは、英語ネイティブの講師が担当することがほとんどで、グループレッスンを申し込んだ際は講師を選択することはできません。

レッスン時間の違い

オンライン英会話はスケジュールがフレキシブル

オンライン英会話は、パソコンやスマートフォンなどの電子機器とインターネットさえあればいつでもどこでも授業を受けることができるため、場所と時間を選びません。24時間いつでも講師がオンラインであればいつでもレッスンを受けることができ、スケジュールを立てやすいのがオンライン英会話の大きな特徴です。保護者会や家庭の急な用事ができてしまってもスムーズにレッスンのキャンセルができ、他の日時でレッスンを受けることが可能で、面倒な手続きは不要です。

英会話教室は時間と場所が毎回固定されている

英会話教室では、受講するクラスによって曜日と時間が固定されています。そのため、英会話を習慣化することができます。しかし、急用ができてしまっても無料でキャンセルをして簡単に別日にレッスンが受けられるオンライン英会話とは異なり、レッスンを休む際には振替ができるスクールと、グループレッスンのためにそれができないスクールもあります。レッスンを休まなければならなくなった際の対応もスクールによって異なるため、入会前に確認しておくと良いでしょう。

学習環境の違い

誘惑の多い自宅でのオンライン英会話

オンライン英会話のレッスンを受ける際、ほとんどは自宅からの受講です。普段生活しているスペースでの授業となるため、お気に入りのおもちゃやテレビがあることはもちろん、親や兄弟もいる環境で授業に臨まなければなりません。そのため、英語とは関係ないものばかり目についてしまい、集中力が続かなくなってしまう場合があります。オンライン英会話を効率よく受けるためには、そのような誘惑を避けながらオンとオフの切り替えがしっかりとできるようにならなければなりません。

英語空間、仲間がいる英会話教室

英会話教室では、壁に貼ってあるもの、聞こえてくる言語すべてが英語であるため、英語の環境に浸かることができます。五感を使って英語に触れることによって子どもは効率よく英語を身に着けることが可能です。また、英会話教室では、一緒にレッスンを受けるクラスメイトや、同じスクールに通う子どもたちに会うことができ、それは大きなモチベーションに繋がります。一人でパソコンに向かって授業に臨むオンライン英会話には無い特徴です。

まとめ

この記事では、子どもオンライン英会話と英会話教室の違いについて解説しました。最近では英会話教室でもオンライン英会話を始めているところがあり、今後より一層浸透していくでしょう。ぜひこの記事を参考に、オンライン英会話をご検討ください。